ニーチェの哲学の魅力を伝えます

ニーチェマニア!

哲学をわかりやすく伝える男、高橋聡ってどんな人?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
哲学エヴァンジェリスト。 東洋哲学や西洋哲学問わず、面白い哲学をあなたにお伝えします。

哲学エヴァンジェリスト 高橋聡の簡単な経歴

人生は学校である。そこでは幸福より不幸のほうが良い教師である。

フリーチェ

IMG 0488

哲学エヴァンジェる執筆者 / 哲学エヴァンジェリスト(自称)

※哲学エヴァンジェリストとは、哲学のことをわかりやすく解説する人のこと

1985年生まれの31歳。丑年、天秤座、O型。大阪府和泉市出身在住。

現在生まれ故郷の和泉市でパソコンのサポートの仕事をしています。最近はブログやFacebookで情報発信に勤しんでいます。主に、哲学のこと、PCのことを発信するブログ『哲学エヴァンジェる』を運営。

18歳で北海道大学に進学したのをきっかけに北海道で学生生活を行いました。そのころから、生活のリズムが崩れ、大学にもまともに行かない時期があったりなかったり。大学で留年を繰り返した上、車の運転中に二回事故を起こし、自殺未遂をし、精神的に病み、大学を退学。統合失調症と診断され、仕事もせずに6年間実家に引きこもり暮らし

自殺を決意したとき、小樽築港のイオン前で、海に身を投げ出そうとしました。そのとき、なぜかふとバカらしくなって海に身を投げ出すのをやめました。今思えば、これが人生のどん底時代です。

とはいえ、転機が訪れます。たまたまインターネットの就職サイト(indeed.com)を見ていたら、パソコンのサポートの仕事が載ってありました。僕が住んでいる和泉市の隣の市、岸和田市でのパソコンのサポート業をやっているとのことで応募すると、6年間も引きこもっていて対人スキルがほとんどなく、しゃべれなかったのにもかかわらず、採用してもらいました

働くことで精神状態もみるみるうちに回復していき、すべてが順調ではなかったものの、楽しく仕事をしていました。

ところが、病院の通院をやめてしまったため、2016年3月15日、私の周りに異変が起こりました。

なぜか、生活が急激におかしくなり、3月19日には頭の中で声が響く幻聴という統合失調症の症状が出てしまいます。

そこで休職させてもらい、体調回復に努めます。

そんなときに出会ったのがインターネットビジネスでした

Facebookを探していたら、インターネットビジネスと出会ったのです。

ぼくの人生の捉え方を変えた「何事も自分ごととして捉える」

IMG 0487

このとき、インターネットビジネスのマインドセットとして、かのクルテルワンの小西玲太郎さんが発信していた音声の中に出てきた言葉が僕の人生観をがらりと変えました。「何事も自分ごととして捉えて、他人や環境のせいにしない」のが成功の秘訣だという言葉を聞いて、過去の僕に足りなかったものはこれだ!と思いました。なお、その言葉を座右の銘として以来、統合失調症は悪化していません。

インターネットビジネスに出会い、さまざまなことを学び、実践していく中で現在は日々成長させてもらっています。本当に環境にも出会う人にも感謝しています。

ほかにも起業家マインドというべきものに出会う中で、本当にぼくの人生の考え方、捉え方がごろっと変わりました。

とはいいつつ、ぼくもまだようやくまわりの人とか気にせずに、変だと思われても哲学やインターネットビジネスの情報発信をできるようになったところです。

あらためてごあいさつ

IMG 0310

はじめまして!

長い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。ぼくは将来的に哲学の本を出版したり、哲学のセミナーや講演会、ワークショップなどをやることで社会貢献していきたいと思っています。

今の日本はまだまだ哲学不足です。ロジカルシンキングだけではなく、哲学の裏に潜む人生観なども楽しんで学び、あなたが生きていく上の糧としていただけたらいいですね。

またなんらかの形で精神疾患の方に向けた援助活動もどんどん行っていきます。

一応主に引きこもり時期に取得した資格なども載せておきますね。会計とITも得意です!

○情報処理技術者試験

ネットワークスペシャリスト(2015.12)

情報セキュリティスペシャリスト(2012.6)

応用情報技術者(2011.8)

基本情報処理技術者(2006.11)

○会計系資格

日商簿記1級(2013.11)

全経簿記上級(2012.7)

税理士試験財務諸表論科目合格(2013.12)

哲学エヴァンジェリストとしての使命

哲学エヴァンジェリストとは、哲学のことをわかりやすく解説する人のこと

です。なぜぼくがこの活動をしはじめたのか。

大学時代、悩める子羊だった高橋聡は哲学の本などをいっぱい読みました。多くの人を動かしてきたニーチェとキルケゴールに勇気をもらい、ブッダとイエスのことばにその都度助けられて、なんとか生きながらえてきました。

しかし、わたしの言葉を聞いているあなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。

新共同訳聖書

このことばは有名ですが、実行するのは難しいです。でもだからこそ、価値がありますね。

われわれは普通、なされた善に対しては善を返します。同様になされた悪に対しては悪を返します。しかし、自分になされた悪に対しても善で返せとイエスはいったのです。

またブッダも似たようなことを言っています。

諸々の出家修行者やいろいろ言い立てる世俗人に辱められ、

その不快なことばを多く聞いても、あらあらしいことばを以て答えてはならない。

立派な人々は敵対的な返答をしないからである。

『スッタニパータ』岩波文庫 中村元訳

敵対的な返答をしない、これがとても大事です。返答は英語でresponseですが、責任はresponsibilityです。あなたの返答はあなたの責任とつながっています。仮に、敵対的で不快なことばを投げかけられても、立派な返答をすることで、悪の応酬がなくなります。

ぼくが扱う哲学は、考え抜かれた思考なら宗教哲学や経営哲学であろうと取り扱っていきます!発信みてもいいよって人は下のメディアをフォローしてください。

こちらのメディアで情報発信をしています

哲学エヴァンジェリストの活動に興味をもっていただけたなら、以下のメディアをぜひフォローください。

マストドン(@IT_Evangelist_SatoshiTakahashi

哲学エヴァンジェる

Facebook(高橋聡

この記事を書いている人 - WRITER -
哲学エヴァンジェリスト。 東洋哲学や西洋哲学問わず、面白い哲学をあなたにお伝えします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーチェマニア! , 2017 All Rights Reserved.