月別アーカイブ:2010年08月

no image

mixi日記

キルケゴールのソクラテス像Ⅱ

2010/8/30  

3 イロニーとは何か3-1 イロニーとは嘘と同じなのか 基本的に、イロニーは真意と反対のことを言うことから成り立つ。あるいは、言葉の表面上の意味とは別の解釈を引き出すことで成立する。ソクラテスについて ...

no image

mixi日記

キルケゴールのソクラテス像Ⅰ

2021/6/4  

キルケゴール「イロニーの概念」におけるソクラテス像 : 教師としてのイロニカー,イロニカーとしての教師 山内 清郎 より 1 教師の相貌 何かを語るようにという要求を、教師は常につきつけられているのか ...

no image

mixi日記

ニーチェのソクラテス像についてⅡ

2010/8/29  

三 『人間的な、あまりに人間的なもの』におけるソクラテス像 『人間的な、あまりに人間的なもの』において、ソクラテス像の変化はニーチェ自身の思想的発展を問うことになる。 『人間的な、あまりに人間的なもの ...

no image

mixi日記

ニーチェのソクラテス像についてⅠ

2010/8/28  

菅野孝彦 「ニーチェのソクラテス像―『悲劇の誕生』及び『人間的な、あまりに人間的なもの』において」より一 はじめに ニーチェのソクラテス像の変化を追うことは、ニーチェ思想の変容・発展を映し出すことを意 ...

no image

mixi日記

言語と貨幣の類似点(丸山圭三郎)

2010/8/28  

丸山圭三郎著『文化=記号のブラックホール』Ⅱ言語と貨幣のフェティシズムより 貨幣は二つの点で言語に非常に良く似た側面を持っている。①材質とは無縁の、ある価値を持っている 貨幣は額面表示が材 ...

no image

mixi日記

家族的類似性(Familienähnlichkeiten)

2010/8/28  

ウィトゲンシュタイン 『哲学探究』§66 67(http://www.geocities.jp/mickindex/wittgenstein/witt_pu_jp.html) より「ゲーム」という言葉 ...

no image

mixi日記

デュルケームの人と業績⑤『自殺論』Ⅱ

2010/8/20  

<自殺の混合タイプ> ④自己本位的・アノミー的自殺…よく見られる。失望が興奮と、夢想が行動と、欲望の狂奔が憂鬱な瞑想と交互にかわるがわる現れる。 ⑤アノミー的・集団本位的自殺… ...

no image

mixi日記

デュルケームの人と業績⑤『自殺論』Ⅰ

2010/8/8  

 本書は社会学的方法を用いて自殺に関する独特の理論を展開し、社会学的方法の独自性とその適用の有効性を学界に知らしめることをめざしたものである。 従来、自殺傾向の社会による違いは非社会的要因が考えられて ...

no image

mixi日記

デュルケームの人と業績④『宗教生活の原初形態』

2010/8/8  

 本書はオーストラリアのトーテム信仰に関するデータを用いながら、宗教の本質と宗教の起源および機能を論じたものである。 デュルケームによれば、宗教の本質はいっさいの自称を「聖」と「俗」の2つのカテゴリー ...

no image

mixi日記

デュルケームの人と業績③『社会学的方法の規準』

2010/8/7  

 デュルケームによれば、社会学は客観的で冷厳なあらゆる価値判断から離れた学問でなければならない。まず社会学における認識態度として、あらゆる社会現象を「物として」見る必要がある。 社会学が取り扱う社会的 ...

no image

mixi日記

デュルケームの人と業績②『社会分業論』

2010/8/7  

  『社会分業論』は当時の学界で支配的だった「進化」の思想に従い、社会の連帯組織・統合原理に関する一種の発展段階説を展開したものである。デュルケームによると、人間社会は前近代的時代における「環節的社会 ...

no image

mixi日記

デュルケームの人と業績①

2010/8/7  

 エミール・デュルケームは1858年4月15日、フランスのロレーヌ地方にて生まれる。デュルケームが成人するころ、1880年ごろから全ヨーロッパにて反ユダヤ人運動が広まった。それは、ユダヤ人が金権政治の ...

© 2021 ニーチェマニア! Powered by AFFINGER5