ニーチェの哲学の魅力を伝えます

ニーチェマニア!

熱中できるものを見つけよ–ニーチェ『愉しい学問』<序曲>への注釈2

2018/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
哲学エヴァンジェリスト。 東洋哲学や西洋哲学問わず、面白い哲学をあなたにお伝えします。

どうも、哲学エバンジェリスト高橋 聡です。今日もニーチェの『愉しい学問』(別訳『悦ばしき知識』)の<序曲>への注釈を記したいと思います。なお、引用はすべて講談社学術文庫版『愉しい学問』森一郎訳からです。では早速見ていきましょう!

16番 上に向かって

「山を登るには、どう行けば一番いいですか?」

ひたすら登れ。だが登っていることを忘れよ。

Adventure 1807524 1920

忘れるくらい何かに打ち込め

何か物事に熱中することは、そのことをしているということを”忘れる”ことである。ニーチェはこう言うのだ。たしかに、その物事をしているのを忘れ、経つ時間も忘れるほど打ち込むことができることは、やっていて楽しいし、何よりやりがいを見いだせているのだろう。

登山家はひたすら登っているが、登っているということを忘れているのだ。ひたすら何かをするというのが楽しさや継続に繋がり、そこから生産的な何かが生まれるのだ。それならば、熱中して何か忘れることができるくらいすきなことをやれ、というメッセージともとれる。

まとめ

つまりこういうことだ。打ち込めることがあれば、それをとことん徹底してやり続けるが良い。それがあなたの徳につながるのだ、と。

18番 狭い料簡

狭い料簡には、どうにもやりきれない。

狭くて、善にも悪にも居場所がない。

Alley 3257918 1920

料簡とは

料簡とは考え、分別、推し量って考えることという意味。狭い料簡とは、視野が大変狭い偏った考え方と言えるだろう。視野の狭い人の考え方には付き合ってられないし、我慢などできようもない。ニーチェは断言する。

偏狭な考え方ではなく、物事を多角的に見る

偏狭な考え方は、”善にも悪にも居場所がない”と表現されているが、これはどういうことだろう。偏狭な考え方は、結局その人にしか適用されないそれはとても狭い狭いものの見方なので、そこに善悪の判断が入り込む余地すらないということだ。偏屈な考え方をする人は、自分では推し量って物事を選別した気になっているが、他人から見ると狭さしか感じない。全くもって、痛い考え方だ。

まとめ

だからぼくたちは物事を多角的に見て、そこから判断し、広い料簡を持たねばならない。

この記事を書いている人 - WRITER -
哲学エヴァンジェリスト。 東洋哲学や西洋哲学問わず、面白い哲学をあなたにお伝えします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーチェマニア! , 2018 All Rights Reserved.