ニーチェの哲学の魅力を伝えます

ニーチェマニア!

大阪府河内長野市の薬樹山延命寺にお参りしてきました

2019/04/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
哲学エヴァンジェリスト。 東洋哲学や西洋哲学問わず、面白い哲学をあなたにお伝えします。

どうも、哲学エバンジェリスト高橋 聡です。今回は大阪府河内長野市の薬樹山 延命寺への参拝レポートをあなたにお届けします。

延命寺は真言宗御室派に属し、河内長野市美加の台の裏手にある神ガ丘というところにあります。だいぶ道も狭く森の中でうっそうとした感じですね。

延命寺の山門と由来

DSC 0173

うっそうとした森の中を進んでいくと、延命寺の標が見えます。

ここを進んでいくと、山門にぶつかります。

00010001

延命寺は真言宗を開いた空海が地蔵菩薩の像をつくったところから始まるといわれています。

なおこのあたりには鬼伝説が残っており、和泉市の父鬼に住んでいた鬼の妻が延命寺のあたりにすんでいて、果敢な男がこの鬼を退治したらしいです。

この寺を再建した浄厳和尚という人は、この果敢な男の子孫とのこと。ちなみに延命寺は紅葉がとてもきれいらしく、秋にくるのも一興でしょう。

延命寺の宗派やお堂など

DSC 0176

ここ延命寺の宗派は、真言宗御室派。御室派といえば、京都の花で有名な仁和寺が総本山ですね。

古そうな年号が並びます。

DSC 0177

山門をくぐるとこのような広い境内が現れます。紅葉の風景もみたいなー。

DSC 0178

DSC 0179

このように、深い自然と融和したお堂がたくさんあります。DSC 0182

こちらが本堂かな?

DSC 0185

花が咲いていました。きれいな花がこの時期は多いですね〜!

延命寺の御朱印

DSC 0189

こちらで御朱印を書いていただきました。

この寺務所の近くに大きな蘇鉄が生えていました。

DSC 0190

DSC 0192

駐車場のある場所から、御朱印とともに景色を撮ってみました。

(2019年4月24日参拝)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。次回もお寺の紹介になると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
哲学エヴァンジェリスト。 東洋哲学や西洋哲学問わず、面白い哲学をあなたにお伝えします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーチェマニア! , 2019 All Rights Reserved.